• 小林夕夏

旅は余白が多い方がいい。


元号が変わっても、ユカリエワンマンが終わっても更新してなかったこのブログ。。。笑

決して忘れてたわけじゃないんです!!(ほんと)



ただ、ずっと言葉がまとまらなくて、というか、頭の整理が出来ないまま垂れ流しで時が過ぎていってしまってた部分があって。


そのままどんどん過ぎていくもんだから、向き合わなきゃいけないこともどんどん増えていって…笑

どんどん書くのが億劫になっていくという悪循環、、、笑笑




でも、このまま放置も良くないなぁと思い(遅いw)、歳も重ねたことだし、まとまらないままの気持ちも含めて"とりあえず書いてみよう!"と一念発起した次第であります。笑







読み返してみたら、ユカリエレコーディングで止まってるのねぇ。。笑

そこから、そりゃいろいろありましたさ。笑


ざっと思い返しただけでも、ユカリエアルバムの完成、クラファンで支援してくださった皆さまへのリターン、初のレコ発ワンマンライブ…



やっぱりこの半年間は、アルバムの発売とレコ発に向けて突っ走ってきた部分が大きかった気がします。


そういう意味ではとても達成感のある半年間でした。



本当に、関わってくれた全ての方に感謝の気持ちでいっぱいです。






そんな反面、普通に生きてたら経験しないような出来事も経験したり(普通に生きてるつもりなんだけどなぁ…)、未だに清算できない感情と日々戦ってたり、、、

わたしの中では結構試練な半年間でもあったかも。





実はユカリエレコ発ライブが終わった次の日から、二泊三日で一人で神津島という離島に旅立ちました。


本番の一ヶ月前くらいに、そこだけ三日間空いてることに気づいて、"これは何処かへ行くしかない!"と思い立って。笑




そこでようやく、"レコ発が無事に終わるまでは…!"って押し込めていた様々な感情と向き合うことができました。



"何もしない時間"がどれだけ頭をスッキリさせてくれたか…(ダイビングしたけど笑)




旅を終えて最寄駅に降り立ったとき、そこから家までの帰り道、もうきっと何万回も歩いてるであろう見慣れまくってるはずの道のりが少し違って見えたのを今でもハッキリと覚えています。


あの三日間を通してきっと着地点が少し変わったんだ…それを感じられただけでとても意味のある時間でした。





ひとり旅って今まであんまりしたことなかったけど、とても良いですね。。。


同じく一人で来てる人と仲良くなったり、地元の人達の優しさが本当に身に沁みたり…

昨日まで知らなかった土地が、帰る頃にはふるさとに感じられる、何とも不思議な体験でした。



"これに音楽があったら最高だな~"と思って、早速持ち運びが一番楽そうなウクレレを買ったのはここだけの話。笑笑






29歳。

ついつい上手くいかないことやマイナスな感情に引っ張られてしまいがちだけど、そういう部分も含めて下手に流れに逆らわず、やりたいことをもっと模索しつつ形にもしていけたらいいなぁ。


何はともあれ、20代のうちに20代で作った作品を形に残したいっていう目標があるので、タイミングとかいろいろと合わなかったりでなかなか取りかかれずにいますが…なんとか頑張りたい!




こんなぐうたら、のんびり人間ですが、自分が思う"良い歌"だけは歌っていくつもりですので今後ともぜひお付き合いいただけたら嬉しいですm(._.)m



22回の閲覧

© 2018 by Yuka Kobayashi. Proudly created with Wix.com